あなたへの悩めるチョコガイド

美味しいチョコのポイント

おいしいチョコの作り方

ポイントは甘味、旨味、苦味

高級なチョコレートも手作りできます。高級感あふれる美味しいチョコレートのポイントは甘味、旨味、苦味です。
□大人のトリュフ
難しいと思われがちですが、はじめに材料と道具をきちんとそろえて、ていねいに作れば誰でも美味しいトリュフを簡単に作れます。
・調理時間60分(冷蔵庫で冷やす時間はのぞきます)、賞味期限冷蔵庫で約3~4日
・材料(15~20個)  ミルクチョコレート:3枚(165g)、生クリーム:80cc、ラム酒:小さじ1、コーティング用ミルクチョコレート:2枚(110g)、ココア:適量
・道具  計量カップ、計量スプーン、包丁、まな板、ボウル、オーブンシート、絞り袋(またはスプーン)、丸口金(直径1.5cm)、鍋、泡立て器、ゴムべら、バット
・作り方
0.下準備  ガナッシュ用のチョコレートは、細かく刻んでボウルに入れておきます。まな板の上にオーブンシートを広げておきます。コーティング用のチョコレートは細かく刻み、ボウルに入れておきます。絞り袋に丸口金(直径1.5cm)をセットしておきます。
1.生クリームを鍋に入れ、中火にかけて沸騰する直前まで温めます。それを刻んだチョコレートを入れたボウルに一気に注いで泡立て器で混ぜ合わせます。チョコレートがすっかり溶けてなめらかなクリーム状態になるまで混ぜます。
2.ラム酒を加え、混ぜ合わせたらそのまま涼しいところに置いて冷やします。ときどきゴムべらでかき混ぜながら絞れるくらいの固さ(混ぜるときにもったりとするくらい)になるまで冷やします。
3.丸口金をセットした絞り袋に「2」を入れて、オーブンシートを敷いたまな板の上に棒状に太さを均一に絞り出します。絞り袋がない場合は、トリュフ1個の大きさにスプーンですくって落とします。
4.そのまま冷蔵庫で15~30分冷やします。
5.冷蔵庫で冷やしたガナッシュを、包丁で大きさをそろえて切ります。切りにくい場合は、包丁を湯で温めて熱で溶かすようにして切るといいでしょう。
6.切ったガナッシュを、手のひらで団子状に丸めます。手が温かすぎるとどんどん溶けるので、手は冷水などにつけて冷やしておきます。
<ガナッシュにコーティングをします>
1.チョコレートを入れたボウルを約50~55℃のお湯で湯せんにかけて溶かします。
2.手のひらに溶かしたチョコレートをつけて丸めたガナッシュをコロコロと転がしてコーティングをします。
3.コーティングしたガナッシュを、バットに入れたココアの中で転がして、表面にココアをまぶしつけます。

よく読まれている記事はこちら

テンパリングでなめらかに! テンパリングとは、チョコレートを溶かして固める作業のときの適切な温度管理のことで、美味しいチョコレートを作るうえで欠かせない作業です。 テンパリングでなめらかに!

ならめらか口どけなガナッシュクリーム作り ガナッシュクリームとは、チョコレートと生クリームを混ぜて作る基本のチョコクリームです。
実際のガナッシュクリームの作り方は以下のとおりです。 ならめらか口どけなガナッシュクリーム作り

ちょっとしたアイデアで高級感を演出! 手作りのケーキやスイーツをチョコレートでデコレーションしてみましょう。
リボンのようになめらかな曲線を描くチョコレートを作ります。 ちょっとしたアイデアで高級感を演出!

PAGE TOP

Copyright © 2014 悩めるあなたへのチョコガイド All Rights Reserved.