あなたへの悩めるチョコガイド

チョコレートの刻み方

おいしいチョコの作り方

チョコレートの刻み方のススメ

手作りチョコのベースに板チョコを用意します。
板チョコを刻みますが、その時の注意点として、まな板はよく乾いたものを用意します。水気があったりすると刻んだチョコレートに混じって、湯せんの際にきれいに溶けない場合があります。
同様に包丁もきれいでよく切れるものを用意しましょう。こちらも水分や油分等はきれいに拭き取っておきましょう。
板チョコをまな板の上に置いて、角から包丁で斜めに大きく切っていきます。板チョコの縦横の山に負けないように、力が入りやすいように、斜めに均等に力を入れて切っていきます。この場合は多少大まかでもかまいません。
板チョコを大まかに切り終えたら、今度はそれを細かく刻んでいきます。包丁の先端を動かないように片手で抑えて、そこを中心に握り手の方を動かしながら、何度も細かく刻んでいきます。均一に細かくカットできたら、湯せんをします。
刻んだチョコレートを湯せんするときには、沸騰したお湯を使ってはいけません。早く溶けますが、溶け具合にバラつきがでて、熱の影響でチョコレート本来の風味が飛んでしまいます。
お湯は摂氏50~55度の温度のものを用意して、刻んだチョコレートはボウルに入れて、湯せんをします。この時、チョコレートにまんべんなく熱が通るようにゴムべらで大きくかき混ぜていきます。かき混ぜる時にボウルのチョコレートの中にお湯が入らないように注意してください。
チョコレートがすべて溶けてなめらかになってきたら、ゴムべらでチョコレートを持ち上げて、垂らしてみます。均等に流れ落ちればOKです。この時、ダマが残っていたら、ゆっくりかき混ぜながら、ダマを完全に溶かしていきます。
ダマがないようでしたら、ボウルを湯せんから引きあげます。

よく読まれている記事はこちら

テンパリングでなめらかに! テンパリングとは、チョコレートを溶かして固める作業のときの適切な温度管理のことで、美味しいチョコレートを作るうえで欠かせない作業です。 テンパリングでなめらかに!

ならめらか口どけなガナッシュクリーム作り ガナッシュクリームとは、チョコレートと生クリームを混ぜて作る基本のチョコクリームです。
実際のガナッシュクリームの作り方は以下のとおりです。 ならめらか口どけなガナッシュクリーム作り

ちょっとしたアイデアで高級感を演出! 手作りのケーキやスイーツをチョコレートでデコレーションしてみましょう。
リボンのようになめらかな曲線を描くチョコレートを作ります。 ちょっとしたアイデアで高級感を演出!

PAGE TOP

Copyright © 2014 悩めるあなたへのチョコガイド All Rights Reserved.