あなたへの悩めるチョコガイド

手作りチョコの基本テクニック

おいしいチョコの作り方

手作りの際には注意!基本テクニック

チョコレートを手作りするにはいくつかの基本テクニックが必要です。
手作りチョコのベースとなる板チョコの刻み方、湯せんの仕方、テンパリングの基本、チョコレートのクリームであるガナッシュクリームの作り方、チョコレートケーキやスイーツをデコレーションする生クリームの作り方等、基本テクニックを紹介します。
このテクニックをベースにした美味しい生チョコやトリュフの作り方もご紹介していきますので、基本をしっかり身につけたいものです。

チョコレートの刻み方のススメ

手作りチョコのベースに板チョコを用意します。
板チョコを刻みますが、その時の注意点として、まな板はよく乾いたものを用意します。水気があったりすると刻んだチョコレートに混じって、湯せんの際にきれいに溶けない場合があります。
同様に包丁もきれいでよく切れるものを用意しましょう。こちらも水分や油分等はきれいに拭き取っておきましょう。
板チョコをまな板の上に置いて、角から包丁で斜めに大きく切っていきます。板チョコの縦横の山に負けないように、力が入りやすいように、斜めに均等に力を入れて切っていきます。 チョコレートの刻み方のススメの続きを読む

テンパリングでなめらかに!

テンパリングとは、チョコレートを溶かして固める作業のときの適切な温度管理のことで、美味しいチョコレートを作るうえで欠かせない作業です。チョコレートの原料のカカオバターは、高温からそのまま冷やしたのでは、きれいな凝固の仕方をしません。なめらかな口当たりと艶やかな仕上がりにするためには、一旦適切な温度で状態を安定させてから冷やす必要があります。そのプロセスをテンパリングと呼んでいます。
テンパリングは、できるだけ室温25℃に保った部屋で作業するようにしましょう。 テンパリングでなめらかに!の続きを読む

ならめらか口どけなガナッシュクリーム作り

ガナッシュクリームとは、チョコレートと生クリームを混ぜて作る基本のチョコクリームです。スポンジケーキの間に塗ったり、ケーキの仕上げにデコレーションしたりと、使い方は様々です。基本の分量にしたがって、根気よく混ぜることで濃厚でなめらかなガナッシュクリームに仕上がります。
実際のガナッシュクリームの作り方は以下のとおりです。
材料はチョコレートが適量、生クリームが適量ですが、チョコレートと生クリームの比率が「1.4:1.0」になるように用意します。 ならめらか口どけなガナッシュクリーム作りの続きを読む

プロに近づける!生クリーム作り

家庭で、市販品の生クリームと砂糖を使って、ケーキ用の生クリームを作っても、なかなかプロのケーキ屋さんのような生クリームはできません。市販品の生クリームでもケーキ屋さんに近い食感にすることはできないのでしょうか。
ちょっとしたこつで、プロの生クリームに近づけることができます。
まず、市販品の動物性と植物性の2種類の生クリームを用意します。(正確には植物性のものは生クリームではありませんので、ホイップといった名称で販売されています)
砂糖は、後味をあっさりさせて、溶けやすい性質のフロストシュガーを使います。 プロに近づける!生クリーム作りの続きを読む

よく読まれている記事はこちら

テンパリングでなめらかに! テンパリングとは、チョコレートを溶かして固める作業のときの適切な温度管理のことで、美味しいチョコレートを作るうえで欠かせない作業です。 テンパリングでなめらかに!

ならめらか口どけなガナッシュクリーム作り ガナッシュクリームとは、チョコレートと生クリームを混ぜて作る基本のチョコクリームです。
実際のガナッシュクリームの作り方は以下のとおりです。 ならめらか口どけなガナッシュクリーム作り

ちょっとしたアイデアで高級感を演出! 手作りのケーキやスイーツをチョコレートでデコレーションしてみましょう。
リボンのようになめらかな曲線を描くチョコレートを作ります。 ちょっとしたアイデアで高級感を演出!

PAGE TOP

Copyright © 2014 悩めるあなたへのチョコガイド All Rights Reserved.